栗原康「村に火をつけ、白痴になれ」

意外な発見だが、「白痴」って一発変換できないようになっているんだな。 やっぱり差...

» 続きを読む

| | コメント (0)

古市憲寿「古市くん、社会学を学び直しなさい!」

古市憲寿が、先輩の社会学者たちに、「社会学とは何か」を問いかける対談集。 正直、...

» 続きを読む

| | コメント (0)

サンキュータツオ「ヘンな論文」

世の中にはいろんなことを調べている学者がいるんだなあ。 何というか、好奇心という...

» 続きを読む

| | コメント (0)

河崎秋子「颶風の王」

ほおお…こういう話を女性が書くというのはなかなか。 頼もしいというか何というか。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

パトリック・ロスファス「風の名前」

新年一冊目はこちらのファンタジー。 とある料亭の主人コート。 だが彼はかつて「王...

» 続きを読む

| | コメント (0)

R・D・ウィングフィールド「フロスト始末」

フロストシリーズの最終話。 というのも、作者が死んでしまったから…。 もう二度と...

» 続きを読む

| | コメント (0)

キンバリー・ブルベイカーブラッドリー「わたしがいどんだ戦い1939年」

なんとも切なくて苦しい話。 でも最後は大団円。 生まれつき足が内反足という障害を...

» 続きを読む

| | コメント (0)

伊坂幸太郎「ホワイトラビット」

泥棒の黒澤が登場するシリーズ。 とある家で人質立てこもり事件が発生。 犯人は一家...

» 続きを読む

| | コメント (0)

若林正恭「ご本、出しときますね」

BSでやっていた番組の書籍化。 オードリーの若林が、いろんな作家二人と鼎談すると...

» 続きを読む

| | コメント (0)

藤岡陽子「晴れたらいいね」

ラノベとかではありがちな、タイムスリップもの。 だが、そこにあるのはひらすらリア...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«飛浩隆「自生の夢」