マーク・グリーニー「暗殺者の飛躍」

ああ~恐れていたことが…。 いや、面白かったんだよ?面白かったんだけど…。 CI...

» 続きを読む

| | コメント (0)

松岡圭祐「黄砂の籠城」

歴史上、実際にあった義和団事件を当事者の視線から描いた歴史小説。 しかし…。 う...

» 続きを読む

| | コメント (0)

原寮「それまでの明日」

14年ぶりの新作ということで、めちゃくちゃ楽しみにしていたのだが。 う~ん…。 ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

伊坂幸太郎「AX」

あ~、いかにも伊坂幸太郎らしい伊坂幸太郎作品。 登場人物も、「兜」というあだ名を...

» 続きを読む

| | コメント (0)

アンディ・ウィアー「アルテミス」

「火星の人」(映画タイトルはオデッセイ)が抜群に面白かったので、同じ作家というこ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

ピエール・ルメートル「天国でまた会おう」

「その女アレックス」という傑作を書いた作家の昔の作品。 第二次大戦中に、上官のあ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

町田康「スピンクの笑顔」

虐待されていたスタンダードプードルのスピンク、キューティーとトイプードルのシード...

» 続きを読む

| | コメント (0)

土橋章宏「駄犬道中おかげまいり」

博打で負けた借金から逃れるために江戸を飛び出した辰五郎。 途中で出会った駄犬が伊...

» 続きを読む

| | コメント (0)

井上章一「京都ぎらい」

ん~思っていたのとちょっと違った。 京都生まれだが、洛外に生まれたために「京都生...

» 続きを読む

| | コメント (0)

栗原康「村に火をつけ、白痴になれ」

意外な発見だが、「白痴」って一発変換できないようになっているんだな。 やっぱり差...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«古市憲寿「古市くん、社会学を学び直しなさい!」