R.J.パラシオ「もうひとつのワンダー」

「ワンダー」というのは、顔に障害を持つオーガストという少年を軸に、彼の周辺の人た...

» 続きを読む

| | コメント (0)

王城夕紀「天盆」

うーんうーん面白くないこともないのだが、いろいろ惜しい。 「天盆」という盤上ゲー...

» 続きを読む

| | コメント (0)

朝霧カフカ「ギルドレ」

「文豪ストレイドッグス」の原作者が書いたというのを後から知ったのだが、「文豪」の...

» 続きを読む

| | コメント (0)

柚木朝子「幹事のアッコちゃん」

相変わらずのアッコちゃんシリーズなのだが、今回はちょっと毛色の違う短編が混じって...

» 続きを読む

| | コメント (0)

今野敏「去就」

楽しみにしていた、隠蔽捜査最新刊。 段々、竜崎のキャラクターに周囲が慣れてきてし...

» 続きを読む

| | コメント (0)

宮部みゆき「悲嘆の門」

予備知識ゼロで読み始めたのだが、こういう内容だったか…。 クマーという、ネットパ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

石井光太「鬼畜の家」

誰でも新聞で目にしたことのある、親による子殺しの事件を追いかけたルポルタージュ。...

» 続きを読む

| | コメント (0)

ピエール・ルメートル「傷だらけのカミーユ」

「悲しみのイレーヌ」「その女アレックス」に続く三部作の最後。 という触れ込みだっ...

» 続きを読む

| | コメント (0)

黒川博行「喧嘩(すてごろ)」

安定の二宮&桑原シリーズ。 ストーリーはいつもかなり込み入っていて、今回も途中か...

» 続きを読む

| | コメント (0)

リチャード・アダムズ「ウォーターシップダウンのウサギたち」

「ザ・スタンド」でこの本に関する記述があり、ちょっと興味を持って読んでみた。 読...

» 続きを読む

| | コメント (0)

«ジェフリー・ディーヴァー「煽動者」