« 森博嗣「λに歯がない」 | トップページ | トマス・ハリス「ハンニバル・ライジング」 »

アルテイシア「続・59番目のプロポーズ」

陣内&紀香効果でもっと話題になるかと思ったが、意外とそうでもなく。

今回の話で、二人が住んでいるのがどうやら神戸あたりらしいということが判明。
東京じゃなかったのか。
前はたぶん意識して方言を使わないようにしていたのか、今回はわりと関西弁のシーンが多かったし。
で、とうとうアルさんと59番さんはめでたく結婚したのでした。
よかったね。
mixiの日記を書籍化したものなので、実際そっちではどうなっているのかわからないが、たぶん二人で仲良くやっているのであろう。
この二人が別れたら、結構ショックだなあ。
ここまで分かり合えていても、別れることはありうるというのは、ちょっと辛い。
いや、別れないかもしれないけど。
たびたび引き合いに出して何だが、電車男はむしろ結婚するところが想像できない。
もしあれが実話だとしてだが。
「非モテ」を卒業した電車男が別の女にフラフラするのは十分ありうる話だし、エルメスだって最初は自分が主導権握っていられたかもしれないが、電車男が学習するにしたがってそうはいかなくなるだろうし。
だから電車男が破局を迎えたところで全然痛くも痒くもないのだけど、こっちの二人が別れるのは勘弁してほしいなあ。
59番は本当にいい男だ。
このぐらい「下心」が皆無な男性っていないだろう。

|

« 森博嗣「λに歯がない」 | トップページ | トマス・ハリス「ハンニバル・ライジング」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森博嗣「λに歯がない」 | トップページ | トマス・ハリス「ハンニバル・ライジング」 »