« トマス・ハリス「ハンニバル・ライジング」 | トップページ | 近況 »

夏目房之介「マンガは今どうなっておるのか」

マンガ好きなら、マンガのことをもっと勉強しないと!
ということで、お勉強本。

とはいえ、夏目房之介は非常にマンガに愛がある人で、まずマンガをけなしたりすることがないので、安心して読める。
「本にいい悪いはない。あるのは好き嫌いだけだ」というのが私の持論なので、「好き」というのを前提にしている夏目の評論は読んでいて気分が悪くならない。
あと、この人が偉いのは、「NARUTO」とか「DRAGON BALL」とか、非常にメジャーだけどマンガ評論の世界ではあえて取り上げられてこなかった作品を、きちんと扱っているということだ。
なんだろうね。
サブカル系のマンガ評論で必ず出てくるのが、岡崎京子。別に悪いとは言わないが、私は正直言って絵が好きじゃないので読まない。
しかし、サブカル系のやつらはこぞって「岡崎京子すばらしい!」と大絶賛するんだよね。
つか、岡崎京子を絶賛するのは簡単なんだよ。むしろわかりやすい。
しかし、「NARUTO」とかそういうジャンプ系の売れまくっている作品をこそ、取り上げるべきなんじゃなかろうか。
だって、そのマンガが売れるという背景には、必ずその時代のマンガの波みたいなものが見えてくるはずだから。

ここで言うのも何だが、ずっと昔に枡野浩一が朝日新聞で書いていたマンガ評論はひどかった。完全に自己満足の世界。
挙句、「ぼくのマンガ評論は異端だったらしいので、だれにも受け入れてもらえない」みたいに勝手に自己完結。
あんたの選んだマンガなんて、めちゃくちゃ王道だっつーの!
異端というのなら三宅乱丈のマンガでもべた褒めしてみろ!
…はああ。

ところで話はちょっと違うが、先日本屋で「ユリイカ」の腐女子特集を見た。
よりによって上野千鶴子が、真剣に腐女子について語っているので、ちょっと唖然。
でも、意外と好意的に書いてあったので驚いた。
並んで載っていた香山リカの考察は、明らかに見劣りしていてちょっと気の毒。
誰が名づけたか知らんが、乙女ロードなんていう名前ができてしまって以来、腐女子もすっかり日の下にさらされてしまって、私はちょっと哀しい。
この間なんて、ホンジャマカの石ちゃんが乙女ロードを探検してたぞ。
これってどうよ。

|

« トマス・ハリス「ハンニバル・ライジング」 | トップページ | 近況 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« トマス・ハリス「ハンニバル・ライジング」 | トップページ | 近況 »