« 「パプリカ」 | トップページ | おばあちゃんの帰還 »

「モンゴル」

これはDVDじゃないよ。
映画で見てきました。

噂の浅野忠信主演の映画。
予想ではもっと地味目な作品かと思っていたのに、かなりスケールの大きい娯楽大作という感じだった。
言わずとしれた、チンギス・ハーンの半生。
半生なのでモンゴルを統一するハーンになるまで、で終わってる。
続編作るって本気かなあ。このまま終わりでよさそうなのに。
浅野忠信は、冷静に見るとモンゴル系の顔立ちではないんだが、雰囲気がそれっぽいのであまり違和感を感じなかった。
正直言って、奥さんが「美人」という設定になってるほうが違和感があった…。
いや、純モンゴル系の顔立ちなんだけどね。日本の基準だとちょっと…。
でもいい奥さんだよ。旦那(チンギス・ハーン)がしょっちゅう捕まったり行方不明になったり戦争に行ったりしても、かならずじっと待っている。
待っているだけじゃなくて、ちゃんと夫のためにいろいろ努力しているし。
ハーンになれたのは内助の功のおかげとしか思えない。
というか、これどこまで史実に忠実なんだろ。
こんなに不遇の時代が長かったとは知らなかったので、ちょっと意外だった。
映画向きに脚色してるのは確かだろうけど。
映画としては面白かったんだけど、ちょっと血が多いのが難かな。
斬ったり殺したりがリアルで、時々直視できない。
でもそれ以外はよく出来てると思う。

|

« 「パプリカ」 | トップページ | おばあちゃんの帰還 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「パプリカ」 | トップページ | おばあちゃんの帰還 »