« 桜庭一樹「ブルースカイ」 | トップページ | 上橋菜穂子「獣の奏者」 »

浅田次郎「お腹召しませ」

あんまり好きじゃない作家…。
なんつーか、あざといんだよなあ、いろいろ…。
でもこの短編集はまあまあ面白かった。
作者が聞きかじった江戸時代のエピソードを、いろいろつなげて小説に仕立てました、という話。
つまり、地の文(というか作者の視点)が小説のプロローグとエピローグに入っている。
こういうのもアリかなと思うけど、ヘタするとせっかくの江戸の世界観が台無しになってしまう。
そうならないギリギリのところでうまくやっているけど。
いずれも、侍でありながら侍になりきれない、侍である前に「人間」なんだなあ…という話だった。
そこらへんの描き方は、わりとリアルで面白かった。
確かに、切腹とかって、私たちにしてみれば、江戸時代には日常茶飯事だったんじゃないかと思い込みがちだが、平和な世が何百年も続いた時代に、そうそう切腹申し付けられる事態があったとは思えない。
そういう目の付け所は面白かった。

|

« 桜庭一樹「ブルースカイ」 | トップページ | 上橋菜穂子「獣の奏者」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 桜庭一樹「ブルースカイ」 | トップページ | 上橋菜穂子「獣の奏者」 »