« 森薫「エマ 10」 | トップページ | 何もしない日 »

森見登美彦「きつねのはなし」

「太陽の塔」の次に「きつねのはなし」って、順番的にどうなんだろ…。
ま、いっか。
連作のようなそうでないような。きつねのような不思議な「ケモノ」と、あやしげなモノを扱う骨董店をめぐる短編集。
なんか、これを読むと太宰治とか芥川龍之介とか内田百閒とか、そういう作風を思い出すんだよなあ。
レトロで陰鬱で、でもどこか乾いている感じ。
どの話も「怪異譚」の域を出てはいないんだけど、ホラー小説書けるんじゃないかというぐらい、雰囲気作りはうまい。
「きつね憑き」とか、わりと使い古された題材ではあるんだけど、それがあまりにも自然な語り口なので、話に信憑性があるというのか。
とにかく、居心地は悪くない世界観だった。
他の作品も読みたいんだけどな~、旬な作家の本はなかなか借りられない。

|

« 森薫「エマ 10」 | トップページ | 何もしない日 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森薫「エマ 10」 | トップページ | 何もしない日 »