« 宇江佐真理「無事、これ名馬」 | トップページ | 道尾秀介「シャドウ」 »

寿への道 30

立てつづけに接触を続けるわたし。
これで三人目だわ。

今回は隣県の人ということで、ちょっとマイナーな場所で待ち合わせ。
一回ぐらいしか来たことないよ…。
しかも、入ったのは駅前の丸井。なんだかなあ。
相手は、外見だけなら柳葉敏郎に激似。
つまり、体型も…。
プロフィールでは170センチとなっていたけど、絶対そんなにないと思う。
わたしと目線が同じだった。
やっぱりねえ…身長は重要なんだよなあ。わたしの中では。
話もそんなに悪くなかったんだけど、まあ男性によくある「自分の趣味については必要以上に熱く語る」タイプ。
最初はいいんだよ。こっちも興味ありげに聞けるから。
でも、こういうタイプって、何度も同じ話を繰り返しがちなんだよなあ。
どうでもいいところで記憶力がいいわたしは、同じ話を二回以上されると気になるのよ。
というわけで、今回も続きそうになし。
段々、「話を面白そうに聞いているフリをしているだけです」という演技がうまくなってきたので、向こうも途中でその気がなくなるみたい。
って、それでいいのか…?

|

« 宇江佐真理「無事、これ名馬」 | トップページ | 道尾秀介「シャドウ」 »

「恋愛」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宇江佐真理「無事、これ名馬」 | トップページ | 道尾秀介「シャドウ」 »