« 森博嗣「カクレカラクリ」 | トップページ | 変な鳴き声 »

桜庭一樹「赤朽葉家の伝説」

赤朽葉家の女三代の物語。なかなか面白かった。
いわゆる「ライトノベル」系の話はちょっと受け付けなかったが、今回みたいな「寓話」めいた作風は好きだ。
そういえば、「青年のための読書クラブ」もこんな雰囲気だったっけ。
だいたい「三代記」というと、昭和初期から始まるのが多いのだけど、時代がぐっと下がって1953年から現代までの話。
私なんて、この二代目とほぼ同世代。ちょっとショック…。
山の人として生まれ、赤朽葉家に嫁いで「千里眼」と呼ばれた万葉、その長女でレディースのヘッドとしてぶいぶい言わせたあと、漫画家として有名になった毛鞠、そしてその娘でありながらごくごく平凡に育った瞳子。
この瞳子の視点から祖母と母の生涯が語られる。のだが。
どうも「万葉」が中心というか、客観的にも作者の意図的にも万葉に一番重きを置いているので、他の2人のインパクトがどうしても弱い。
とくに毛鞠は、造形としてはなかなか魅力的なんだけど、どうも遠すぎて感情移入できなかった。
逆に瞳子は近すぎて、読んでいてあまり面白い部分がなかったが。
それでも、全体としては伏線の張り方とかがうまくて、かなり引き込まれた。
最後の「空飛ぶ一つ目男」の謎にはじわりとさせられる。

|

« 森博嗣「カクレカラクリ」 | トップページ | 変な鳴き声 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 森博嗣「カクレカラクリ」 | トップページ | 変な鳴き声 »