« ニャン太の受難 | トップページ | 小川一水「妙なる技の乙女たち」 »

桜庭一樹「少女には向かない職業」

なんというか、先にタイトルありきな話のような。

ゲームだけを楽しみに、義父からの虐待に耐えつつ日々を送っている13歳の少女。
学校では明るく振舞っているが、家では打ってかわって息を殺すように生活している。
そんなある日、虐待を受けているところを学校の女子生徒に見つかってしまう。
彼女は「誰にも知られずに義父を殺す方法」を教えてくれるのだが…。

少女に向かない職業というのは、要するに「殺人者」のこと。
これは別に職業じゃないんでは…というツッコミはまあ置くとして。
家と学校で全く違う顔を持つ少女の二面性が結構リアル。
なので義父とのやりとりまでは読めるのだが、その後の展開が「妄想」か「現実」かあいまいになってしまった感じ。
最後の悲劇も、もしかして夢オチでは…と思うほど現実味が薄かったし。
そこにもうちょっとリアルを持ち込められれば、暗いながらもずっしりした小説になったと思うのだが。
まあライトノベル系なので、ずっしり感は不要か。

|

« ニャン太の受難 | トップページ | 小川一水「妙なる技の乙女たち」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ニャン太の受難 | トップページ | 小川一水「妙なる技の乙女たち」 »