« 小川一水「風の邦、星の渚 レーズスフェント興亡記 」 | トップページ | 湯山玲子「女ひとり寿司」 »

有川浩「別冊図書館戦争 2」

それでその後あの人たちは?
ということで、気になる手塚と柴崎のその後。
だけじゃなくて、別の話も入っていたけど、それはまあどうでもいい。
ストーカーに付きまとわれるようになった柴崎に、手塚は恋人のフリをして助けようとするのだが…。
正直、ここまで「ハッピーエンド!」にするとは思わなくて、ちょっと驚いた。
柴崎の素直じゃない性格からして、くっついたあとももうちょっと長引くのかと思いきや、あっさりゴールイン。
まあそれまでの経緯が経緯なだけに、展開が速すぎるということはなかったけれども。
しかし、柴崎に付きまとっていたストーカーの気持ち悪さがちょっと尋常じゃない。
ストーカー本人だけじゃなくて、その協力者がいるんだけど、そっちはもっと気持ち悪い。
あまりにも気持ち悪すぎて、なんだか不快感があったけども。
なんというか、柴崎と手塚の関係を進展させるための駒みたいだったというのか、不自然に「悪者」すぎた気がしないでもない。
まあ結局くっついたんだからよしとするか。
多分、このシリーズで私が一番好きなのは柴崎なんだろうなあ。

|

« 小川一水「風の邦、星の渚 レーズスフェント興亡記 」 | トップページ | 湯山玲子「女ひとり寿司」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 小川一水「風の邦、星の渚 レーズスフェント興亡記 」 | トップページ | 湯山玲子「女ひとり寿司」 »