« 新盆 | トップページ | バーゲン »

R.D.ウィングフィールド「夜のフロスト」

どうしても我慢できず、シリーズ前作を借りてきた。
やっぱ面白い!
久しぶりに読んだけど、新鮮に面白かった。
まあ、ぶっちゃけストーリーを忘れてただけだけど…。
流感が蔓延しているせいで、人手不足の警察署ではフロストが何件もの事件を抱えることに。
行方不明の新聞配達の少女。
老女連続殺人事件。
とある夫婦への度重なる嫌がらせ。
そして、町にはびこる裏ビデオ。
フロストは自分の勘を頼りに(頼りにならないときもしばしばあるが)、事件の解決に向けて走り回るのだが…。
今回はギルモアという、転任してきたばかりの警部も登場するのだが、そういえばこの続編でギルモアって出てきたっけ?
記憶にないなあ。
マレットという、自己保身に走る署長はずっと健在みたいだが。
しつこいようだけど、フロストシリーズの面白さって、「捜査の勘違い、行き違いによるどんでん返し」にあると思う。
他のミステリでは、作者の意図したどんでん返しが用意されているわけだが、フロストは自身の見込み違いとか、思わぬ証拠の出現とかによる、いわば不可抗力のどんでん返し。
それが妙にリアルで面白い。
もちろん、フロストのキャラも面白いけど。
とにかく下ネタ連発。よくもまあこんなに思いつくなってほど。
アメリカにも「浣腸!」ってあるんだね。

|

« 新盆 | トップページ | バーゲン »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新盆 | トップページ | バーゲン »