« わいわい飲み会 | トップページ | 西加奈子「ミッキーたくまし」 »

R..D.ウィングフィールド「クリスマスのフロスト」

そんで、フロストシリーズの第一作。
やっぱちゃんと一作目から読み直すべきだったかも…!
あとあとにつながる伏線なんかが、ちゃんとここから始まってるから。
でも、最新作でフロストがやけにいい人だと思ったら、一作目からもそんなに悪い人じゃないよね。
ただだらしなくて、セクハラ発言がめちゃくちゃ多いというだけで。
そして舞台はやっぱりイギリスだった…。
いや、イギリスだと思ってたんだよ。マジで。
ただ、何を根拠にイギリスだと思ったのか、自分でも自信がなくて、こういうミステリはやっぱアメリカかと思い込んでいたのだった。
イギリスですよ。
この独特のユーモア感覚は、アメリカ人にはないでしょう。

|

« わいわい飲み会 | トップページ | 西加奈子「ミッキーたくまし」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« わいわい飲み会 | トップページ | 西加奈子「ミッキーたくまし」 »