« 眠れない | トップページ | 一難去ってまた一難 »

ジェフリー・ディーヴァー「スリーピング・ドール」

「ウォッチメイカー」に登場したキネシクスの天才捜査官、キャサリン・ダンスを主人公にした新シリーズ。
あまりにもキャラが立っている…というか、「キネシクス」というのが面白いので、これは使える!と思ったら、案の定シリーズ化。
ディーヴァーはやっぱ目のつけどころがちがうね。
今回は、女性を「コントロール」することで犯罪を重ねてきたダニエル・ペルという男が、刑務所から脱走。
キャサリンはかつてペルにコントロールされてきた女性たちと、殺人事件の唯一の生き残り「スリーピング・ドール」と呼ばれた少女との対話を通して、犯人を追い詰めていくのだが…。
キネシクスというのは、相手の手の動きやちょっとした表情の変化などから、嘘をついているかどうかを見破る、というもの。
キャサリンがその才能を如何なく発揮し、後半のどんでん返しも相変わらず。
リンカーン&サックスシリーズがちょっとばかしマンネリ気味なので、この新シリーズは面白い。
未亡人の女性が主人公ということで、男性関係のもやもやも気になる。
早く続きが読みたいものだ。

|

« 眠れない | トップページ | 一難去ってまた一難 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 眠れない | トップページ | 一難去ってまた一難 »