« ダメ押し | トップページ | おぼんでごはん »

高原英理「神野悪五郎只今退散仕る 」

何だ、この本。
弟から譲り受けた本の中に混ざってた。
なぜこの本を買ったのか、全然理解できないんだけど。
ストーリーとしてはかなり単純。
とある中学生女子が、お化け屋敷に連れて行かれて様々な妖怪に脅かされるがまったく動じず、そこを天狗の神野悪五郎に見込まれて、亡くなった人間の怨霊を追い払う役目をまかされる。
そこにいたるには、実は少女の祖母も関わっていて…という話。
次から次へと妖怪が出てくるあたりは、「しゃばけ」シリーズを彷彿とさせないこともないのだが、もっとクールというか、あんまり湿っぽくならない。
最後も後味のいい終わり方。
と同時に印象の薄い終わり方でもある。
神野悪五郎はタイトルロールのはずなのに、なんだか影が薄かった。
多分すぐ忘れてしまうような話。

|

« ダメ押し | トップページ | おぼんでごはん »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ダメ押し | トップページ | おぼんでごはん »