« ヘンな夢 | トップページ | グローバル石ちゃん »

辻村深月「名前探しの放課後」

最初、高校生が主役というので、もう今までの作品のパターンを思い浮かべていたのだが、今回はちょっと違った。
突然、自分が三ヶ月後からタイムスリップしてきたことに気付いた「いつか」。
その原因は、同級生の自殺だった。
自殺を止めるべく、タイムスリップしたのだと考えた「いつか」は、読書家の同級生「あすな」に事情を話し、助けを求める。
だが、肝心の自殺者の名前がどうしても思い出せず、いつかとあすな、そして協力してくれることになった友人たちは、その当事者の「名前探し」に奔走する。
そして、いじめにあっているとある男子生徒ではないかと突き止めるのだが…。
最初、文章の視点がコロコロ変わることにすごい違和感を感じた。
小説の出だしはいつかが主人公だったのに、いつのまにかあすなの方の視点が多くなってたし。
そもそも、彼女をとっかえひっかえする、ちょっとアイドル顔の少年というのは、この作者が主人公にするタイプじゃないしな…と引っかかってはいたのだが。
この構成が、一番最後のどんでん返しに生きてくるのだった。
いや~、久しぶりに最後うるっときてしまった。
群像劇というのがこの作者の作風なんだけど、ちょっと登場人物に入れ込みすぎて、青臭さがどうしても抜けきれていなかった。
それが、今回はかなり客観的な立場に徹して描写できていたように感じる。
なんつーか、「作者も大人になったなあ~」というのが実感。
まあ、セイシュンモノなことはセイシュンモノなんだけどね。
高校生ぐらいにはちょうどいい、感動作だと思われます。

|

« ヘンな夢 | トップページ | グローバル石ちゃん »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ヘンな夢 | トップページ | グローバル石ちゃん »