« 携帯パニック | トップページ | 沼田まほかる「アミダサマ」 »

北山猛邦「踊るジョーカー」

引きこもり探偵と、彼が解決した事件を小説のネタにするコンビの連作集。
というと、どこかで読んだような気が…。
まあありふれた設定ではあるが、例によって表紙の絵が可愛いので許す。
あとこのコンビの関係がなんだか妄想をかきたてられるので許す。
引きこもりというより、謙虚というか心やさしき探偵なので、読んでいて鼻につくところがない。
相方も割と常識人ではあるので、まあ物足りないながらもバランスはいい。
このシリーズは多分追い続けるだろうな。
まあ願わくは、どちらかにガールフレンドとかが出来ないように…。

|

« 携帯パニック | トップページ | 沼田まほかる「アミダサマ」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 携帯パニック | トップページ | 沼田まほかる「アミダサマ」 »