« だうん | トップページ | へるぺすへるぺするるるるる~ »

加藤実秋「インディゴの夜」

なんかイメージと違ってた…。
まあ一言で言うと「渋谷版IWGP」ですな。
渋谷のとあるホストクラブ「Indigo」を舞台に、そこで起きる事件をオーナーとホストたちが解決するという。
IWGPとの違いは、チーマーがホストになったところと、あと狂言回し的な主人公が男じゃなくて三十代の女性だっていうところぐらいかな。
でも主人公が女性だと受ける印象が大分違うな。
ストーリー的には大差ないけど、よりクールに事態を受け止めてる感じ。
まあIWGPのマコトがいちいち熱くなりすぎという噂もあるが。
それにしても、てっきりホストクラブのマネージャーの憂夜が探偵役だと思っていたので、全然出番がないのでびっくり。
いや、主人公が解決しても全然いいんだけどさ。
謎めいたキャラという設定があんまり生かされてないというのか。
まだまだシリーズは続くので、この後何か活躍する機会があるのかもしらんが。

|

« だうん | トップページ | へるぺすへるぺするるるるる~ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« だうん | トップページ | へるぺすへるぺするるるるる~ »