« 今期ドラマ | トップページ | 暴走 »

雫井脩介「犯罪小説家」

あんまり話題にならなかった本なので、どんなもんかな~と思っていたら、やっぱり物足りない…。
「凍て鶴」という小説で賞を獲った待居。作品を映画化することになり、主演・監督・脚本を務める小野川と会うのだが、小野川はかなりの奇人だった。
「凍て鶴」からインスピレーションが浮かんだという実在の自殺事件をとうとうと語り、挙句にはその事件の真相を突き止めようとする。
かつてその事件の取材をしたことのある今泉は小野川に巻き込まれ、原因となった自殺ネットの常連の足取りを追うのだが…。
最後にもう一ひねりあるかと思ったら、そのままストレートに行っちゃって、なんだか物足りない。
どんでん返しがあればいいってもんでもないけれど、やっぱりカタルシスが足りない感じが…。後味もあまりよくないし。
あと作中作も、賞獲れるような内容かなあ…という気が。
いろいろ中途半端だった。

|

« 今期ドラマ | トップページ | 暴走 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今期ドラマ | トップページ | 暴走 »