« 「This is it」 | トップページ | 手紙 »

加藤実秋「チョコレートビースト」

インディゴシリーズ第二弾。
いやはや、まさかこのシリーズが昼ドラになる日が来ようとは…。
単に「ホスト」探偵団というキーワードにひっかかっただけじゃないかという気もするが。
微妙に主人公の設定とか違うみたいだし。

相変わらずIWGPノリ。
あちらよりもミステリ風味ではあるが、ミステリとしてのトリックとか意外性とかが弱すぎる。
はっきり言って物足りない。
考えるまでもなく途中でネタが割れてしまうパターンが多すぎる。
もっとどんでん返しがあってもいいんじゃないのか?
と文句を言いつつも読んでしまうのは、主人公の晶がカラっとしていて読みやすいからだろうな。
これでいかにも「ホストクラブのオーナーでござい」みたいにベタベタしていたら、とてもじゃないが読んでいられない。
それにしても、店長の憂夜さんは相変わらず謎すぎる。
キャラがこれ以上ないくらい立っているのに、出番は少なし。存在意味がよくわからん。

|

« 「This is it」 | トップページ | 手紙 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「This is it」 | トップページ | 手紙 »