« つかさんが | トップページ | くじうん »

原尞「私が殺した少女」

原尞の沢崎シリーズ第二弾。
ゆっとくが、全部読むまでやめない。
シリーズの中でこれが一番よくできているし、一番面白いと思う。
一作目よりかはストーリー覚えてた。
でも割愛。
沢崎は相変わらず、何考えてるかよくわからんが、そこがいい。
今回は自分の失態から、事件を悪化させてしまったという自覚があるので、いつもより自暴自棄になってて、そこがまたよい。
でもどっちかっていうと、常にクールすぎるほどクールなのがいいんだけど。
次の話でだったか、「多弁なのは恐怖心を克服するためだ」とか何とかいう一節があって、なるほどと思ったのだった。
いつも人を食ったような口調は、恐怖心の裏返しだったのか。
まあそれもまた彼特有の詭弁かもしれないけど。

|

« つかさんが | トップページ | くじうん »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つかさんが | トップページ | くじうん »