« 腰が痛い | トップページ | 工場見学 »

有川浩「三匹のおっさん」

何を書いてもライトノベル風味の有川浩だが、今回は主人公がおっさん(といっても還暦の)だということで。
あらまあ不思議、ライトノベル風味とおっさん風味が相殺されて、ちょうどよく読める話になってるじゃあありませんか!
と思ったのは第一話まで。
第二話以降はやっぱりラブが絡んできて、主人公がいつのまにやら「おっさん」から孫息子+一人娘に変わり、甘酸っぱい恋愛話になっているのだった。
やっぱりね。
三匹といいつつ、いまいちキヨさん以外の2人が立ち上がってこないので、もうちょっとそれぞれをクローズアップさせてあげてもよかったんでは。
そんで表紙のイラストを見て、水玉蛍之丞?と思ったのだが、違ってた。
須藤真澄だった!
なんと、こんなハードカバーのイラストを手がけるとは…。
よくよく見たら、表紙の下の方にちっちゃくゆずがいる!
和むわ。

|

« 腰が痛い | トップページ | 工場見学 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 腰が痛い | トップページ | 工場見学 »