« 敗北 | トップページ | 森谷明子「れんげ野原のまんなかで」 »

原尞「天使たちの探偵」

沢崎シリーズの短編集。
ここの登場人物があとあと出てきたりするので、読み返しておかないと!
相変わらずの沢崎節。
これも結構ストーリーを覚えてたり覚えてなかったりなので、読んでいて新鮮な感じだった。
でも、こうして全体を見てみると、「巻き込まれ型」の事件が意外に多いことに気付く。
探偵事務所だから…というよりも、たまたまそこに事務所があったからとか、たまたまこの電話番号だったからとか、そういう偶然行き当たった事件が多いな。
それでもストーリーに説得力があるので不自然な感じはしないけど。
沢崎シリーズって、最新作が2004年とかなんだよね。
続き書くつもりあるんかな…。

|

« 敗北 | トップページ | 森谷明子「れんげ野原のまんなかで」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 敗北 | トップページ | 森谷明子「れんげ野原のまんなかで」 »