« 原尞「さらば長き眠り」「愚か者死すべし」 | トップページ | スウィーツパラダイス »

柴田よしき「ドント・ストップ・ザ・ダンス」

原寮のあとに読んだせいか…。
なんだかプロットの甘さが気になるんですけど…。
保育園の園長兼私立探偵の花咲。保育園で預かっている子供の父親が、何者かに襲われて瀕死の重傷を負う。
子供の母親の行方を調査する花咲だったが、それとは別に調査をしていたあるケーキ屋のパティシエとのつながりが明らかになり…。
いろいろ入り組んでいるのだが、それが最後にきちんと辻褄が合ってない感じ。
それより何より、「偶然」の要素に頼りすぎなのが気になった。
「偶然保育園で預かっている子供の両親と別件の調査がかぶった」とか、「偶然、彼女が乗ったタクシーの運転手の話を耳にした」とか。
ご都合主義すぎ。
あとお楽しみの山内の登場にも無理があった。
こんな依頼する必要ってある!?
全然意味がわからん。
なんかちょっとがっかり。

|

« 原尞「さらば長き眠り」「愚か者死すべし」 | トップページ | スウィーツパラダイス »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 原尞「さらば長き眠り」「愚か者死すべし」 | トップページ | スウィーツパラダイス »