« マイケル・シェイボン「ユダヤ警官同盟」 | トップページ | ディーン・クーンツ「オッド・トーマスの霊感」「オッド・トーマスの受難」 »

北村薫「元気でいてよ、R2-D2」

直木賞受賞第一作ということだが、これがまた後味の悪い作品ばっかりで…。
北村薫は、シリーズとか長編は面白いけど、短編は悉く相性が悪いな。
特にこの本は、どれ一つとして爽やかな読後感の話がない。
それが余韻というものだ…と言われればそれまでだけど。
特に「マスカット・グリーン」はなあ…。
私ってほんとに、不倫の話が嫌いなんだな。なんかトラウマがあるのかしら。結婚したことないですけど。
そのほかの話も、なんというか、意図のあるなしに関わらず、日常に潜む「悪意」を取り上げているので、どよんとした気分になる。
考えてみれば、「私」シリーズもそんな「悪意」の話が多かったかも。

|

« マイケル・シェイボン「ユダヤ警官同盟」 | トップページ | ディーン・クーンツ「オッド・トーマスの霊感」「オッド・トーマスの受難」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« マイケル・シェイボン「ユダヤ警官同盟」 | トップページ | ディーン・クーンツ「オッド・トーマスの霊感」「オッド・トーマスの受難」 »