« かふぇー事情 | トップページ | 定期代 »

パトリシア・C・リーデ「囚われちゃったお姫さま」「消えちゃったドラゴン」

児童書はいいな…何も深く考えずに楽しめるから…。
この2冊は、いわゆる「ドラゴン」ものではあるのだが、全体としてファンタジーのパロディっぽくなっていて面白い。
とある国の末の姫シモリーンが、「姫なんて退屈!」と城を飛び出し、ドラゴンに囚われたお姫さまになる。
が、もちろん王子が助けにくるのを待つなんてしゃらくさい。ドラゴンの料理係兼図書室管理係となって働くのだった。
ところが、そこへあやしい魔法使いが現われて…。
という、シモリーン姫の冒険を描いたのが第一作目で、二作目は魔法の森の若き王メンダンバーが主役。
一作目で登場した悪い魔法使いのたくらみに、シモリーンと2人で協力して立ち向かうという。
このメンダンバーもやはり、王さまという枠にはおさまらない感じでなかなかよい。
お似合いのカップル。
というわけで、御伽噺の最後はもちろん、2人の結婚式なのだった。
しかしシリーズはまだあと2作続くらしい。
魔女らしくない魔女モーウェンが次の主人公。
この人もなかなかキャラが立ってて面白いので、気が向いたら続き読むかも。
しかし、本筋と関係ないが、猫はあらゆる魔法をかいくぐっても平気で「それが猫って生き物なのよ」という結論は笑った。
猫ってそんな生き物だよな。

|

« かふぇー事情 | トップページ | 定期代 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« かふぇー事情 | トップページ | 定期代 »