« 東村アキコ「ひまわりっ」 | トップページ | マイケル・シェイボン「ユダヤ警官同盟」 »

誉田哲也「武士道エイティーン」

これで完結…かな?
なかなか楽しませてくれた武士道シリーズだが、なんか最後はネタが尽きたのか、それとも世界が広がりすぎたのか、主人公2人を差し置いて周囲の人たちの話で終わってしまった。
ん~。もっと長いシリーズだったらそれもアリだと思うけど、高校1年から3年までの話なんだから、2人の話に集中させて欲しかった気も。
スピンオフはその後でいいじゃん。
しかも、2人の最後の戦いも、早苗のケガのせいでなんだかちょっとグダグダに…。
まあ、よくあるスポ根もののように、2人の対決でエンド、というのは出来すぎかもしれないけど、最後にもうちょっとフェアな対決があってもよかったんでは。
なんか、そこらへんがウヤムヤになってしまったせいで、まだ続くんじゃないかと思ってしまう。
というか、ある意味このまま続けてもおかしくない終わり方。
でもナインティーンはともかく、トウェンティは語呂が悪いのでオススメはしない。

|

« 東村アキコ「ひまわりっ」 | トップページ | マイケル・シェイボン「ユダヤ警官同盟」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東村アキコ「ひまわりっ」 | トップページ | マイケル・シェイボン「ユダヤ警官同盟」 »