« 高田崇史「QED出雲神伝説」 | トップページ | 半年後 »

東郷隆「名探偵クマグスの冒険」

東郷隆って、初めて読む作家だけど、「クマグス」に惹かれて読んでみた。
名探偵とある通り、南方熊楠がイギリスで遭遇したさまざまな事件を、博学的知識を駆使して解決するというもの。
部分的には史実にしたがっているので、なかなか面白かった。
というか、南方熊楠の存在そのものが面白いんだけど。
絶対、この人を主役にしたマンガを作ったら面白いはず!
誰か書かないかなあ。
いま、白州次郎がブームになってるけど、外国人と対等にわたりあう、という点では南方熊楠の方が先んじていると思う。
何しろ、大英博物館で気に食わないやつをぶん殴ったんだからな。
それぐらいの気概を持て!日本人よ!

|

« 高田崇史「QED出雲神伝説」 | トップページ | 半年後 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田崇史「QED出雲神伝説」 | トップページ | 半年後 »