« フレンチ | トップページ | 東郷隆「名探偵クマグスの冒険」 »

高田崇史「QED出雲神伝説」

あああ…このQEDシリーズが始まってから幾星霜。
どんなにこの日を待ち焦がれたか。
って大げさだけど。
タタルと奈々の関係にようやく進展が!
まあストーリーは「出雲」ということで、今ある出雲ではなく、かつて奈良にあったという出雲の話と忍者が絡んでくる。
忍者はもうちょっと深追いしてもよかったんでは?
ちょっと中途半端に終わってしまった感じ。
まあ本筋は(どうでも)いい。
タタルと奈々ですよ。
今作にしてようやく!よーやく!
手をつなぎました!!
あー…。
普通、これくらいで興奮するだろうか、いやしない。
この2人だからこそ、手つないだぐらいで興奮してしまうのよ。
まあ、正確には手をつないだというより、腕を組んだんだけど。
なんとなく、今後さらに関係が深まりそうなよ・か・ん。
この場合、キーを握るのは奈々なので、寂しい三十路にならんようにがんばってほしい。

|

« フレンチ | トップページ | 東郷隆「名探偵クマグスの冒険」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« フレンチ | トップページ | 東郷隆「名探偵クマグスの冒険」 »