« 寿への道 58 | トップページ | ミニスカ »

和田竜「のぼうの城」

かなりのベストセラーだし、時代小説好きのわたしとしてはぜひ読みたかった作品なのだが…。
あれ?こんなもの?
豊臣秀吉に命じられて、石田三成が落とすことになった忍城。
そこのは「のぼう様」(でくのぼう)と呼ばれている男・成田長親がいた。
城主が北条家に味方するために城を離れ、長親が城をまとめることになるのだが、裏で豊臣秀吉と和議をしていたにも関わらず、石田三成に宣戦布告してしまう。
兵士の数や物量では絶対に勝てない戦であるにも関わらず、民たちは「のぼう様のためならしかたない」とばかりに、城へと集まり…。
ん~。あらすじだけ見ると、長親が主役なんだけど。
でも実際読んでみると、意外と影が薄いというか、側近の武士たちの活躍の方が目立つんだよね。
長親が実際に何か采配を振るうというでもないし…。
突拍子もない行動に出て、敵を惑わしたりはするんだけど、それも戦の勝敗にはあまり関係ないような…。
何を考えているかわからないでくのぼうが、危急の際に頭角を現す、というような話ではなかったなあ。
まあ歴史に忠実にすると、そんなに劇的な展開にはしづらいか。
それにしても、三成が意外とダメだというのを初めて知った。
秀吉に忠実というイメージしかなかったけど、戦には弱かったんだな。
だから関が原で負けたんだろうけど。

|

« 寿への道 58 | トップページ | ミニスカ »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寿への道 58 | トップページ | ミニスカ »