« 冲方丁「天地明察」 | トップページ | トイ・ストーリー3 »

あさのあつこ「木練柿」

この時代小説シリーズ、序盤はちょっと雰囲気だけでいっぱいいっぱいな感じで読みづらかったのだが、ここにきてキャラが定まったせいか、ぐんと読みやすくなっている。
浪人出身の商人・遠野屋と、ちょっと怪しげな同心が、様々な事件に遭遇するという連作集。
災いを引き寄せがちな遠野屋と、それを胡散臭く感じている同心の、微妙な関係が面白い。
キャラがせっかく定まってきたので、逆にそれでマンネリにならないように…。
しかし「バッテリー」読んだ後だと、あまりの雰囲気の違いに驚くかもな。
でも人間関係の微妙さという点では、相通じるものがあるかもしれない。

|

« 冲方丁「天地明察」 | トップページ | トイ・ストーリー3 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 冲方丁「天地明察」 | トップページ | トイ・ストーリー3 »