« こんくる | トップページ | 池澤夏樹「カデナ」 »

高田郁「八朔の雪」

う~ん…。時代小説いろいろ読んできたけど、これは人気あるだけあって、確かに面白いわ。
主人公は、堺からはるばる江戸にやってきて、蕎麦屋の手伝いをしている澪。
彼女はとある事情から堺を出て、かつて勤めていた料亭のご寮さん2人、知人のない江戸でつましく暮らしていた。
ある日、澪がつくった関西風の味付けの料理に、小松原という侍が「面白い」と言ったことから、澪は江戸の人の口にあう料理を模索しはじめる…。
最近の時代小説って、やたらとミステリ風味か、チャンバラか、どちらかに偏りがちなんだけど、これはそうじゃない。
強いて言えば、山本一力に近い感じか?
ただ、山本一力があまりにも「職人」重視というか、質実剛健なタッチなのに対して、こちらは関西弁もやんわりと優しい感じ。
それでいて、しっかりと伏線を活かして、最後に泣かせるあたりはうまい。
続編も早く読みたいな。

|

« こんくる | トップページ | 池澤夏樹「カデナ」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんくる | トップページ | 池澤夏樹「カデナ」 »