« 大岡昇平「俘虜記」 | トップページ | 森光子「吉原花魁日記」 »

松岡正剛「多読術」

多読って、「たくさん読む」の多読だと思っていたのだが、そうではなくて「多様な読書」という意味での「多読」だった。
松岡正剛は「千夜千冊」という著書があるように、ものすごい数の本を読んでいて、しかもそれがちゃんと身になっている。
私のように、読んだら読みっぱなしということがないので、それはすごい。
で、それだけの本をどのように読んでいるのか、自分の経験をまじえて指南しているのだが。
う~ん…言っていることは理解できるが、実践できる人はなかなかいないと思う…。
例えば、本にいろいろ記号とかを書き込みながら読めというんだけど。
私はもっぱら図書館から借りているし、あと記号とか線とかつけながらだと、そっちの方に集中してしまって、肝心の本の理解の方がおろそかになってしまう傾向がある。
受験勉強のときとかも、アンダーラインって結局何の意味もなかったしなあ。
だから、私が即使える方法というのではないが、でもいろいろ勉強になった。

|

« 大岡昇平「俘虜記」 | トップページ | 森光子「吉原花魁日記」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大岡昇平「俘虜記」 | トップページ | 森光子「吉原花魁日記」 »