« 「GANTZ」 | トップページ | 研修帰り »

山本弘「MM9」

山本弘は、硬軟取り混ぜたいろいろなSFを書いているけど、私が好きなのはやっぱり、こういうアホっぽいやつだな。
怪獣災害が日常的に起きてる世界で、怪獣災害専門に働く気象庁の公務員たちの活躍を描く。
何しろ自然災害なので、対応も極めてお役所的。もちろん、正義の味方のウルトラマンも現れず、地道に撃退していくしかないのだった。
最初は単なる特撮ドラマのパロディみたいだったんだけど、後半は「なぜ怪獣は現れるのか?」という謎も絡んで、話が大きくなっていく。
その決着の付け方がなかなか面白かった。
続編もあるらしいので、ぜひ読みたい。

|

« 「GANTZ」 | トップページ | 研修帰り »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「GANTZ」 | トップページ | 研修帰り »