« 胃が痛い | トップページ | 土曜日? »

垣根涼介「張り込み姫」

「君たちに明日はない」のシリーズ最新刊。
今回はリストラされながらも、それをきっかけに転身していくエピソードが多かった。読後感は悪くない。
気になるのは、基本的にリストラする側の青年目線なのに、途中で恋人視点が挟まってくるんだよね。
多分、青年の進路(?)に向けての布石なんだと思うけど。
その恋人が強気な年上のタイプで、正直苦手。何とかならんか。
あと、色気のある助手の役割。よくわからん。

|

« 胃が痛い | トップページ | 土曜日? »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 胃が痛い | トップページ | 土曜日? »