« 石野晶「月のさなぎ」 | トップページ | にんげんだもの »

辻村深月「VTR」

作者は辻村深月なんだが、チヨダ・コーキが書いたという設定にしてあるメタ小説。
チヨダ・コーキというのは、「スワロウハイツ」に登場した作家。
人気爆発の超有名作家…のはずなんだが…。
ティーと呼ばれる「マーダーライセンス」を保有する青年のもとに、モトカノから連絡がくる。
「私の悪い噂を聞いても信じないで」という不可解なその言葉に、ティーは彼女の消息をたずねまわるのだが…。
うむむむ。
この本は正直言って、ちょっと陳腐。ぶっちゃけ、ライトノベルでしかない。
まあ、これはこういう作品だと言われれば、アリかな、とも思うんだけど、やっぱりチヨダ・コーキを名乗っちゃったからなあ。
あっちを知っている読者にして見れば、いやがおうでも期待が高まるというもので。
難しいな。
でも、マーダーライセンスってやつは私も欲しいわ。
世の中、必要ないアホが多すぎる。

|

« 石野晶「月のさなぎ」 | トップページ | にんげんだもの »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 石野晶「月のさなぎ」 | トップページ | にんげんだもの »