« 倉知淳「なぎなた」 | トップページ | 寿への道 71 »

貫井徳郎「後悔と真実の色」

ちょうど地震の騒ぎの時に読んだので、えらい時間がかかった。
大体、ものすごく暗い話なので、あまり気分が乗らなかったというのもある。
若い女性を狙った連続殺人が発生し、警察は捜査にあたるのだが、犯人の挑発に翻弄されるばかりで、捜査は進まない。
刑事の一人は、独断とも言える行動に出るのだが、それが裏目に出て、なおかつ私生活を暴かれたことで退職に追い込まれる。
ホームレス同然の生活に落ち、恋人までもが犠牲に…。
暗い。
そんで、主役級の登場人物が退職しちゃったのには驚いた。
しかしそれだけ。
犯人は読みはじめてすぐに判っちゃったよ。
私の予想と違ったら、もっと面白かったと思うけど。
ちと残念。

|

« 倉知淳「なぎなた」 | トップページ | 寿への道 71 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 倉知淳「なぎなた」 | トップページ | 寿への道 71 »