« でじゃぶ | トップページ | 貫井徳郎「後悔と真実の色」 »

倉知淳「なぎなた」

あまりにも出来がビミョーな話ばかりなので、大丈夫なのか?と心配になったけど、よく見たら10年くらい前の作品で、思わず納得。
考えてみると、この作者の作品は猫丸先輩シリーズくらいしか読んでないかも。
というか、それ以外に代表作がないというか。
猫丸先輩も、ミステリとしての出来がどうというより、キャラクターで読ませるタイプだしな。
もう一冊、「こめぐら」という短編集も出ているはずだけど、そっちはどうなんだろう…?

|

« でじゃぶ | トップページ | 貫井徳郎「後悔と真実の色」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« でじゃぶ | トップページ | 貫井徳郎「後悔と真実の色」 »