« 悪夢 | トップページ | 田中かおり「株式会社家族」 »

連城三紀彦「造花の蜜」

これも、あまりの暗さに途中で読むのがいやになっちゃって、後半飛ばし読み。
確かに、中盤からのどんでん返しっぷりはすごかった。
ありがちな誘拐事件が、全く違う様相を呈してくる。
その発想はすごいんだが、あまりにもぶっ飛びすぎて、登場人物の誰にも感情移入できないというのがちょっとね…。
そして、最後にこれでもか!という勢いで、全然別の事件が起きたりして。
うむむむ。ついていけん…。
ミステリとしてはすごい作品なんでだろうが、個人的には入り込めなかった。

|

« 悪夢 | トップページ | 田中かおり「株式会社家族」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 悪夢 | トップページ | 田中かおり「株式会社家族」 »