« 立食ぱーちー | トップページ | 辻村深月「VTR」 »

石野晶「月のさなぎ」

月童子と呼ばれる、性別が未分化の子供たちだけが暮らす学園。
思春期を迎えると性別が決まるのだが、生徒たちは自分がどちらになるのかを心配しつつ、毎日を過ごしている。
そんなある日、絶対に部外者は入れないはずの学園に、生徒を装った少年が入り込んだことで、思わぬ波乱が起き…。
設定はなかなか面白いと思うんだけどね。
途中から急にミステリ風味になって、人がバタバタ死んでいく。
ちょっとあっさり殺しすぎじゃない?必然性がなさすぎのような。
最後の犯人の告白も、やや説得力に欠けるし。
ファンタジー設定の青春小説にしておけばよかった気が。

|

« 立食ぱーちー | トップページ | 辻村深月「VTR」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 立食ぱーちー | トップページ | 辻村深月「VTR」 »