« 柄刀一「システィーナスカル」 | トップページ | 寿への道 73 »

高田郁「出世花」

澪つくしシリーズの作者のデビュー作。
仇討ちにあって客死した父を手厚く葬ってくれた縁で、小さな寺に身を寄せることになった少女が、やがて湯潅師となり、人々に尽くすようになるというストーリー。
湯潅師というと、つい例の映画を思い出すが、タイミング的にはどちらが先だろう…?
いずれにせよ、映画みたいに儀礼的なものばかりでなく、それこそ垢を落とすような実際的な面があるので、パクリにはならないと思うが。
相変わらず主人公の少女が健気でなあ。
ちょっといい子過ぎるきらいがなくもないけど、そこがツボ。

|

« 柄刀一「システィーナスカル」 | トップページ | 寿への道 73 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 柄刀一「システィーナスカル」 | トップページ | 寿への道 73 »