« 佐藤多佳子「聖夜」 | トップページ | P・G・ウッドハウス「お呼びだ、ジーヴス」 »

中島京子「女中譚」

永井荷風やら、林芙美子やら、近代文学に登場する「女中」という存在に注目し、彼女を視点にして、いろいろな文学を裏から描こうとする、ちょっと変わった試み。
元の話を読んでいないので、どこまで原作に忠実なのかちょっとわからないのだが。
試み自体は面白いし、全体を通して登場する女中は一人で、現代を生きる彼女の現実も入り込むので、パクリとかでは全くない。
だが、漂う雰囲気が暗くて、読後感がいい話では決してないのだった。
中島京子は、まだ「小さいおうち」も読んでないんだよなあ。

|

« 佐藤多佳子「聖夜」 | トップページ | P・G・ウッドハウス「お呼びだ、ジーヴス」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 佐藤多佳子「聖夜」 | トップページ | P・G・ウッドハウス「お呼びだ、ジーヴス」 »