« 宮部みゆき「ばんば憑き」 | トップページ | 恒例の »

伊坂幸太郎「SOSの猿」

五十嵐某の漫画「SARU」と連動しているという、ちょっと変わった設定の小説。
エクソシスト(悪魔ばらい)の青年を中心に、様々な因果が巡りめぐる。
…正直、感想書くのをずっとサボっていたため、詳しいストーリーを思い出せず。
まあ、それだけ展開にやや無理があったってことなのかな…。
後味は悪くないんだけど、孫悟空の登場がいかにも唐突だし、あと孫悟空が敵なんだか味方なんだか、はっきりしないのも気持ち悪い。
ただ、日本でエクソシストという設定は面白い。このエピソードをもっと膨らませてもよかったような。
「SARU」の方は読んでないんだけど、どのくらい設定がかぶっているのか気になる。

|

« 宮部みゆき「ばんば憑き」 | トップページ | 恒例の »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 宮部みゆき「ばんば憑き」 | トップページ | 恒例の »