« 忙しい一週間 | トップページ | 伊坂幸太郎「SOSの猿」 »

宮部みゆき「ばんば憑き」

宮部みゆきの江戸怪談集。
「あんじゅう」の番外短編も入っていたりして、なかなか充実した内容。
怪談としてもよく出来ている。
特に表題作は、読んだあとにゾゾゾとなった。
本当に恐ろしいのは、妖怪ではなく、人の心かも知れませんなあ…。
とりあえず、宮部みゆきはどろどろした現代ものよりも、この手の時代小説の方が絶対向いていると思う。

|

« 忙しい一週間 | トップページ | 伊坂幸太郎「SOSの猿」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 忙しい一週間 | トップページ | 伊坂幸太郎「SOSの猿」 »