« 紫野貴季「前夜の航跡」 | トップページ | 寿への道 78 »

米窪明美「明治天皇の一日」

「明治宮殿のさんざめき」があんまり面白かったので、同じ作者の本を借りてみた。
まあ内容的にはさほど変わらない、「明治宮殿」が一年単位で明治天皇を追いかける本だとすると、こちらは一日単位だということ。
でもやっぱり、一日よりは一年の方が面白かったなあ。
もうちょっと、今度は女官や近侍とかが書いた明治天皇の本も読んでみたくなった。
まあ、そんなに天皇万歳の人間ではないんですよ、わたしは。

|

« 紫野貴季「前夜の航跡」 | トップページ | 寿への道 78 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 紫野貴季「前夜の航跡」 | トップページ | 寿への道 78 »