« 濃いいちにち | トップページ | 寿への道 79 »

三浦しをん「舟を編む」

久しぶりに一人称じゃない三浦しをんの小説を読んだ。
やっぱり一人称じゃない方がいい!
安心して読めたよ。
「大渡海」という、新しい辞書を作っていく人たちの群像劇で、何十年というものすごく長いスパンのお話。
始め新人だった登場人物が、最後には中年になっているという。
それだけに、最後の涙涙の終わり方がありきたりと言えないこともないんだが。
でもさすがにウルッときた。
私は割と、淡々と仕事するのが好きなので、辞書の編纂という仕事に憧れたこともあった。
しかし、こうして目の当たりにすると、やっぱり大変だなあ。
辞書が完成したら、その瞬間から改訂作業が始まる訳だから。
永遠に真の完成はないんだなあ…。

|

« 濃いいちにち | トップページ | 寿への道 79 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 濃いいちにち | トップページ | 寿への道 79 »