« 寿への道 79 | トップページ | スティーグ・ラーソン「ミレニアム」 »

ジェフリー・ディーヴァー「ロードサイド・クロス」

キャサリン・ダンスシリーズの第二弾。
リンカーン・ライムシリーズが、そろそろマンネリなので、個人的にはこっちのシリーズの方が面白い。

ネットのブログ記事をきっかけに、とある高校の学生たちが次々に襲われるという事件が発生。
事件を予告するかのように、道路の端には必ずクロス(十字架)が置かれる。
ブログ記事についた、ある生徒を非難するコメントが原因だと思われ、問題の生徒に近づくダンスだったが、その生徒は姿をくらましてしまう。
その間にも、事件は続き…。

毎回、ディーヴァーのどんでん返しにやられているので、今回こそはと思うのだが、やっぱりやられてしまった…。
こいつが犯人とは思わんでしょ、ふつー。
すえげなあ。

|

« 寿への道 79 | トップページ | スティーグ・ラーソン「ミレニアム」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 寿への道 79 | トップページ | スティーグ・ラーソン「ミレニアム」 »