« 高田郁「今朝の春」「小夜しぐれ」 | トップページ | 一山こえた »

冲方丁「マルドゥック・フラグメンツ」

「マルドゥック・スクランブル」「マルドゥック・ヴェロシティ」シリーズの、番外短編集。
と言っても、お楽しみ袋みたいなもので、純然たる番外編ばかりというわけではなかった。
前日譚あり、次回予告あり、みたいな。
やっぱウフコックがかわええなあ!
マルドゥックシリーズが成功した所以は、ひとえにウフコックにあると思う。
拳銃を持って闘う美少女なんて腐るほどいるが、その拳銃が実はしゃべる金色のねずみ!だという話は見たことないもん。
それだけに、次回予告というか、「ウフコックがどうやって死んでいくのか」が次回作になる、という話には衝撃を受けた。
殺さなくたっていいじゃん。
殺さなくたっていいじゃん。
むしろ、バロットが死んじゃうほうがショックが少ないわたし。
ウフコックは殺さないでえええ!
次回作、展開によっちゃ読まないこともあるかも。

|

« 高田郁「今朝の春」「小夜しぐれ」 | トップページ | 一山こえた »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 高田郁「今朝の春」「小夜しぐれ」 | トップページ | 一山こえた »