« バトル再び | トップページ | 「ものすごくうるさくてありえないほど近い」 »

宮部みゆき「おまえさん」

宮部みゆきの時代劇シリーズ。
個人的には三島屋の話の方が好きなんだけど、こっちもなかなか面白い。
ただなあ…、探偵役の美少年が段々育ってきちゃって、ちょっと嫌な予感。
なんか、人妻にぽーっとなっちゃったりして。
この人妻というのが、また一癖あって、こういう被害者っぽいタイプは嫌いだな。
しかし、美少年の代わりと言っては何だが、その兄が登場したのは面白い。
要領のいい三男坊みたいな。
しかも、不影流の使い手という。これって、「あんじゅう」の青野利一郎と同じ!
いつか、両方のシリーズがリンクするんじゃないかと期待してる。

|

« バトル再び | トップページ | 「ものすごくうるさくてありえないほど近い」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« バトル再び | トップページ | 「ものすごくうるさくてありえないほど近い」 »