« 「ものすごくうるさくてありえないほど近い」 | トップページ | 深見真「ブラッドバス」 »

メグ・キャボット「サイズ12はデブじゃない」「サイズ14もデブじゃない」

通称デブシリーズ。私が勝手に付けたんだけど。
十代の頃にアイドル歌手として活躍したものの、母親が全財産を持ち逃げし、父親は脱税で刑務所に入ってしまったために、今では大学の寮母として働いている主人公。
元フィアンセの兄で、下宿先の大家でもある私立探偵に片思いをしつつ、大学入試を目指しているのだが、勤務先の大学で次から次へと事件が起こり…、という内容。
元アイドルとはいえ、今はサイズ12(日本では15号か)なので、感情移入しやすい。
メグ・キャボットって、ラブコメ系の作家だったと思うんだが、こういうキャラ設定はうまいよなと思う。
事件自体は大したものじゃないけど、主人公が自覚なしに結構モテるところがいいよな。

|

« 「ものすごくうるさくてありえないほど近い」 | トップページ | 深見真「ブラッドバス」 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「ものすごくうるさくてありえないほど近い」 | トップページ | 深見真「ブラッドバス」 »