« やってられんわ | トップページ | わたしのせい? »

柄刀一「バミューダ海域の摩天楼」

自分で書いたブログ見ただけで気分悪いので、違う記事をだす。

バミューダトライアングルで、輸送機三体が行方不明になった。
その謎を、13歳の天才少年Drショーインが解き明かす!
13歳という年齢設定が絶妙だな。
見かけは子どもっぽくても、頭脳の中まではそうじゃないという。
ただ、ショーインは性格的にも子どもらしさを残しているので、天才っぷりに嫌味がなくていい。
というか、こういう天才を出すには、それなりに作者もリスクを背負わなくちゃいけないんだよね。
森博嗣の作品には結構頻繁に天才が登場するが、それは作者自身の知能がかなり高いからできる芸当であって。
作者にそれだけの頭脳がなくちゃ、「天才」と呼ばれているだけのただの人になってしまう。
しかしその点、このショーインの天才っぷりはなかなか。
ひらめき系の天才というより、全方位に興味が向かっているという、博識な天才。
これはこれでシリーズになりそう。
だが、ネックは年齢か…。
成長しちゃったら成立しないからな。

|

« やってられんわ | トップページ | わたしのせい? »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« やってられんわ | トップページ | わたしのせい? »